患者さまへ

ホーム>患者さまへ>放射線科診療>医療機器開発 CTガイド下IVR用ロボットの開発

放射線科診療

CTガイド下IVR用ロボット(Zerobot®)の開発

関連サイト
開発の背景

CT画像を見ながら術者が病変に針を刺入して行う治療や検査をCTガイド下IVR(日本語名:画像化治療)と呼びます。肝、腎、肺などのがん治療が可能なラジオ波治療や凍結治療の他、生検や膿瘍に対するドレナージ、神経ブロックや術前マーカー留置など多種のものがあります。針の刺入のみで行えるために低侵襲であり、患者の高齢化も相まって、ニーズが高く岡山大学病院では年間500件以上の件数があります。CTは視認性が優れた画像が得られるため、IVRを行うためのガイディングツールとして極めて有用です。特に、CT画像をリアルタイムで画像を表示するCT透視は非常に便利です。しかし術者はCT装置のすぐ近くでCTを撮影しながら手技を行うため被ばくします(図1)。そこで、術者の被ばくを軽減するために、CT装置から離れた場所で術者が遠隔操作で針の刺入を行えるロボット(Zerobot®)を開発しています(図2)。本開発研究は岡山大学工学部との医工連携、民間企業との産学連携で行っています。

図1

図1

図2

図2

これまでの開発の経緯

本開発は平成24年1月より岡山大学により医工連携、産学連携の共同研究として開始され、平成26年1月には第一世代ロボットが開発されました。その後本研究は厚生労働省の委託研究事業に採用され研究は加速し、平成27年3月には第二世代ロボット(製造元:メディカルネット岡山)を完成させました。平成27年度末には第二世代ロボットを更に改良した第三世代ロボット(製造元:メディカルネット岡山)(図3)を開発しました。平成28年度には20個以上の非臨床試験を行い、第三世代ロボットの性能および安全性を評価しました。ファントム試験(図4)では、術者は被ばくすることなく非常に高精度に針を刺入可能であることが実証されました。また動物試験においても安全かつ精度良く刺入出来ることが示されました。

図3

図3

図4

図4

今後の予定

平成30年度に臨床試験を行いたいと考えています。またそれと並行してロボットの更なる改良を重ねていき、自動穿刺機能などにより、人では出来ない穿刺を可能にし、患者さんにもメリットのあるロボットの開発を目指していきます。


動画
ファントム試験での穿刺
動物試験での穿刺(肝臓)
動物試験での穿刺(腎臓)
動物試験での穿刺(肺)
動物試験での穿刺(臀筋)

知財

国際特許出願: PCT/JP2016/78920
国内特許出願: 2017-506443
国内特許出願: 2017-093371

研究資金
平成24年度 岡山大学産学官融合センタープレ共同研究
平成24年度 日本医学放射線学会Bayer研究助成金
平成25〜27年度 日本学術振興会の科学研究費基盤(C)
平成26年度 厚生労働科学研究委託事業「医療機器開発推進研究事業」
平成27〜28年度 日本医療研究開発機構委託事業「医療機器開発推進研究事業」
平成26年度 岡山県特別電源所在県科学技術振興事業(単独研究)
平成27年度 岡山県特別電源所在県科学技術振興事業(単独研究)
平成29年度 ちゅうごく産業創造支援センター新産業創出研究会
平成29〜31年度 日本学術振興会の科学研究費基盤(C)
平成29年度 岡山県特別電源所在県科学技術振興事業(グループ研究)
連絡先

岡山大学病院放射線科 平木隆夫
〒700-8558 岡山市北区鹿田町2丁目5-1
TEL:(086) 235-7313 , FAX:(086)235-7316
E-mail:radiol@cc.okayama-u.ac.jp

ページの先頭へ