臨床研究のご案内 詳細

ホーム>臨床研究のご案内> 転移性肝癌存在診断におけるガドキセト酸ナトリウム肝造影MRI追加施行の有用性に関する後ろ向き研究 ~Additional Gadoxetic Acid Enhanced-MRI for Liver Metastases~

転移性肝癌存在診断におけるガドキセト酸ナトリウム肝造影MRI追加施行の有用性に関する後ろ向き研究 ~Additional Gadoxetic Acid Enhanced-MRI for Liver Metastases~

2014.11.04

内容

大腸癌、胃癌、膵癌のいずれか、あるいはその病歴があり、平成20年1月1日~平成25年12月31日の間に、岡山大学病院において転移性肝癌の検査のために造影CT、EOB-MRIの順に両検査を1ヶ月以内に受け、かつ「造影CTで転移性肝癌なし」と診断された患者さまを対象とし、臨床データを後方視的に抽出し、統計学的処理を行います。

PDF

ページの先頭へ