医療関係者へ

ホーム>医療関係者へ>研修医募集

研修医募集

当科の研修システム

岡山大学放射線科の研修目標

放射線科はCT、MRI、核医学などの画像診断および画像診断の知識を生かした低侵襲治療であるインターベンショナルラジオロジー(IVR)、放射線治療などを行う診療科です。放射線科での臨床研修を3年積むと、放射線科専門医(旧認定医)の受験資格が得られます。ここでは診断から治療まで広い範囲の知識を問われます。その後さらに2年の研修を積むと放射線科診断専門医あるいは放射線科治療専門医の受験資格が得られます。この5年間で診断専門医あるいは治療専門医取得に必要な知識を習得し、試験合格が目標となります。

岡山大学放射線科での研修の実際
前期研修

岡山大学病院の前期研修では、たすきがけで他施設での研修も行うことができます。非常に自由度が高いプログラムになっており、希望に応じた研修プログラムを作成することが出来ます。放射線科は選択科になり、2ヶ月以上の研修を推奨しています。1ヶ月では、慣れ始めた頃に終了してしまうため、殆どの研修医がもっと選択しておけば良かったと言われることから、2ヶ月以上を推奨しています。前期研修、後期研修の間に、実は画像診断を学ぶ機会は 極めて少ないです。CT、MRIの重要性もますます高くなってきており、画像診断の研修は必修と考えております。

後期研修

当科では研修の目標にもあるように診断あるいは治療専門医取得資格を得るまでの5年間を後期研修と位置づけています。この5年間のうち専門医取得までの3年のうち少なくとも1年を大学病院、残りの期間を関連病院(一般の基幹病院)で行うようにしています。これは大学病院での高い専門性と関連病院での診療をバランス良く研修してもらうためでもあり、日本医学放射線学会の定める規定で少なくとも1年を総合修練機関で研修する必要があるからです。研修病院については可能な限り希望の研修ができるよう相談しますし、出身などの地域性も考慮します。もちろん自分の目指す専門領域が円滑に研修できるように配慮します。

後期研修
専門医試験と研修プログラム

専門医の一次試験では、画像診断・核医学・放射線治療の他に基礎(物理・生物・法令等)も含めて放射線医学全般についての広い知識が問われます。一次試験の受験に向けて、専門医研修プログラムに沿った研修を3年間行う必要があります。画像診断を基本に放射線治療やIVRをローテーションで研修し、すべての範囲を網羅した研修を行います。指定されている3年間での目標経験症例数を十分に研修できる体制にしています。3年間の研修は、専門研修連携施設もしくは岡山大学病で行います。すべての専攻医が専門研修基幹施設である岡山大学病院で1年以上の研修を行うように研修予定を計画します。岡山大学病院での専門医研修を希望される専攻医の方は、以下の募集条件を参照下さい。

専門研修応募者の選考方法
書類審査(履歴書、前期研修施設からの推薦書)および面接により本プログラムの専攻医を決定します。
申込み先メールアドレスradiol●cc.okayama-u.ac.jp(●を@に変更してください)
ホームページアドレスhttp://www.ok-radiology.jp/
岡山大学病院放射線科専門研修プログラムPDF
募集期間各年度の4月1日~ 11月30日  以後の申し込みは個別対応とします。

二次試験ではサブスペシャリティの専門性に応じて、画像診断、放射線治療のいずれかを選択することとなります。

大学院進学と研修プログラム

大学院進学を希望する方に対しては、優先的に大学病院で研修を行ってもらい、並行して基礎研究あるいは臨床研究を進めていただきます。当科では社会人大学院制度を積極的に取り入れているため、大学院在学中も研究のみを行うのではなく臨床研修を他の入局者と同様に行います。よって大学院に進学しても臨床医としての研修に遅れが出ることはありませんし、収入などの生活面でも通常の研修医と変わることはありません。また本人の希望に応じて国内外への留学も可能です。

基礎的研究内容としては、放射線腫瘍学、放射線生物学、ラジオ波焼灼治療に関する基礎的研究などが挙げられます。臨床的研究内容としては、CTやMRIにおける最先端の画像診断についての研究、核医学的手法を用いた研究などを行っています。


研修医の声

放射線治療研修について(医員 渡邉 謙太)
医員 渡邉謙太

岡山大学病院で放射線科後期研修医として勉強させていただきました。将来的には放射線治療を専攻したいと考えています。
当院で放射線治療を学ぶ特徴として、画像診断やIVRを含めた総合的な研修を行えるという点があります。総合的な観点を持つことは、癌治療を行ううえでとても大事であると、実際に臨床を行って強く実感しています。
また放射線治療を学ぶ上で、当院では乳癌や肺癌といった一般的な腫瘍から定位放射線治療やIMRTといった先進治療、子宮頚癌・前立腺癌・乳癌・舌癌の密封小線源治療、小児癌や希少癌まで、様々な治療を行っています。多様な治療を経験できる点は大学病院の大きな魅力です。是非岡山大学病院で一緒に放射線診療医を目指しましょう。

IVR研修について(医員(レジデント) 岡本 聡一郎)
医員(レジデント) 岡本 聡一郎

岡山大学病院ではIVRセンターが稼働しており、当院でのIVR件数は日本トップクラスです。私たちIVR医は毎日手技を施行しており、CVポートや生検などの基本的な処置から肺ラジオ波治療、腎凍結療法など先進的な治療まで様々な手技を行っております。私達研修医は上級医の先生の指導のもと様々な手技を豊富に経験することができます。私は昨年1年間で約230例の手技を経験することができました。充実した研修生活が遅れることは間違いありません。またレジデントの数も比較的多く、困ったときに助け合うことのできる仲間がいるのも魅力の一つです。少しでもIVRに興味がある方は是非一度見学にお越し下さい!

読影研修について(医員(レジデント) 大野 凌)
医員(レジデント) 大野 凌

僕は後期研修医1年目から大学で研修を行っています。画像診断の領域は非常に広く、幅広い知識が必要であり、当初は少し戸惑いましたが、岡山大学放射線科では研修医がつけた所見には必ず上級医のチェックが入るため、所見のフィードバックが得られ、自然と日々勉強を行うことができます。 読影室の環境は快適で、検討が難しい症例でも、参考書や教科書をすぐに参照することができます。症例も市中病院ではほとんど見ることとないような症例をいくつも見ることができ、毎日刺激を得ています。
医局は優しく気さくで勉強熱心な先生が多く、よく相談に乗って頂いています。興味がある方はぜひ大学での研修を考えてみてはどうでしょうか。


教室説明会

最新の説明会についてはトップページでご案内いたします。


お問い合わせ

更に詳しいことを知りたい方や、施設や診療現場の見学を希望される方も随時受け付けています。研修病院を決めかねている医学部の学生さんや、入局先を模索中の研修医の先生方からの連絡をお待ちしています。入局後の収入等についてもお気軽にお問い合わせ下さい。また、他科からの転科希望の先生方からのご相談にも応じます。 お問い合わせは、

医局長 生口俊浩
E-mail : radiol●cc.okayama-u.ac.jp(●を@に変更してください)
までお気軽にメールを下さい。

カテゴリーコンテンツ

ページの先頭へ