画像診断懇話会出題症例

ホーム>画像診断懇話会出題症例>骨盤内腫瘤の一例

画像診断懇話会出題症例 詳細

骨盤内腫瘤の一例

画像診断懇話会開催日:2019.12.21
56回画像診断懇話会
症例番号:2
PDFPDF
備考【症例】 88歳男性
【主訴】 腹部膨満感

【既往歴】 高尿酸血症、痛風、大腸ポリープ
【内服】  フルイトラン、タガメット、ロキソニン、プルゼニド、エブランチル
【職歴】  32~48歳まで IHI造船所にて旋盤工。48歳から大工

【現病歴】 
高尿酸血症コントロールのため消化器内科通院中、4ヶ月前くらいから腹部膨満感を認めていた。排尿障害にて泌尿器科受診したところ腹部USにて骨盤内腫瘤を指摘され、CT,MRI画像でも盤内腫瘤を認めた。胃内視鏡では滑脱型食道裂孔ヘルニアのみで明らかな悪性病変なし。大腸内視鏡では明らかなSMTなし。S状結腸に早期癌を認めたが治療しない方針となった。

【現症】 BP:128/64mmHg, BT36.2℃, 脈拍70回/分, SpO297%

【血液検査結果】
BS 95mg/dL, 総蛋白 6.5g/dL, Alb 3.09g/dL↓, 総Bil 0.36mg/ dL,
T-chol 115mg/dL,
AST(GOT) 21U/L, ALT(GPT) 14U/L,  LDH 157U/L, ALP 269U/L , γ-GTP 15U/L
AMY127 U/L↑, CRP 5.961mg/dL↑, CRP(2+)

Na 135mEq/L↓, K 4.4mEq/L, Cl 98mEq/L, Ca4.2mEq/L↓, P 3.4mg/dL
BUN 44.1mg/dL↑,Cr1.81mg/dL↑(eGFR28.0),尿酸7.1mg/dL↑,
Hb10.8 g/dL↓, RBC 382万/μL↓, WBC 5500/μL、Ht 34%↓, 血小板31.2万/μl
MCV89fL,MCHC 31.7%, MCH 28.2pg
血沈(1H)78mm↑, 血沈(2H) 111mm

CEA(CLIA)1.7ng/ml
CA19-9、9.1U/ml
S-IL2-R 1226U/ml↑


[提示画像] 腹部単純CT、骨盤単純MRI
ページの先頭へ