画像診断懇話会出題症例

ホーム>画像診断懇話会出題症例>頭痛、発熱の1例

画像診断懇話会出題症例 詳細

頭痛、発熱の1例

画像診断懇話会開催日:2017.12.16
54回画像診断懇話会
症例番号:2
PDFPDF
備考30歳代、男性
主訴:頭痛、発熱
現病歴:1週間ほど前より頭痛、発熱があった。近医脳神経外科を受診し、MRIにて視神経の腫張を指摘された。精査加療目的に当院眼科に紹介受診となった。
既往歴、家族歴:特記事項なし
内服歴:ロキソニン、チザニジン顆粒、エチゾラム、テプレノン
身体所見:neck stiffness (-)、jolt accentuation (-)、視力低下なし、pupils isocoric, round、EOM full、diplopia (-)、facial asymmetry (-)、右聴力低下あり、weber 正中、筋力低下なし、DTR no laterality、歩行正常、 kernig (-)、lhrmitte (-)
ページの先頭へ