画像診断懇話会出題症例

ホーム>画像診断懇話会出題症例>心筋症の1例

画像診断懇話会出題症例 詳細

心筋症の1例

画像診断懇話会開催日:2017.12.16
54回画像診断懇話会
症例番号:1
PDFPDF
備考【症例】70歳代、男性

【病歴】5年前、心不全で当院に入院歴あり。この時何らかの心筋症が疑われたが、精査は拒否された。その後外来で経過観察していたが、息苦しさと下肢のむくみが増強し、心不全の増悪が疑われて再入院となった。

【家族歴】心疾患の家族歴なし

【心電図】右脚ブロック、1度房室ブロック

【主な血液検査】
 Hb 14.4 g/dl、CRE 1.09 mg/dl、T.Bil 2.1 mg/dl、γGTP 110 U/l、BNP 486.9 pg/ml

【心エコー検査】
 びまん性の左室壁肥厚および運動低下、駆出率:40%
 僧帽弁逆流、大動脈弁逆流、三尖弁逆流(それぞれ軽度~中等度)
 肺高血圧(TRーPG=60mmHg)

【冠動脈造影】冠動脈に有意狭窄なし

【供覧画像】
・心臓MRI(BBT2WI、cine、遅延造影)
・99mTcピロリン酸シンチグラフィ(3面検出器での撮影)
ページの先頭へ