患者さまへ

ホーム>患者さまへ>放射線科診療>陽子線治療

放射線科診療

陽子線治療

陽子線治療は最先端の科学技術を駆使した新しい放射線治療のひとつです。陽子線とは粒子線の一種で、通常の放射線治療で用いるX線と異なり、からだの中をある程度進んだあと、急激に高いエネルギーを周囲にあたえそこで消滅するという性質を持っています。この性質により病変部周囲のみに高いエネルギーを与えることができ、病変より奥の正常組織を守ることが可能です。X線と比べると、病変部に同じ線量を投与する場合は正常組織の線量が低下することから副作用の減少を期待でき、正常組織に同じ線量まで投与する場合は病変部に高い線量を投与できることから高い効果を期待できます。例えば肺腫瘍に対する放射線治療の場合、X線であれば病変部以外に肺や心臓に不必要に放射線があたりますが(図1)、陽子線治療の場合、大幅に減少します(図2)。

陽子線治療 陽子線治療
図1 図2

津山中央病院は岡山大学と共同運用で、「岡山大学・津山中央病院共同運用 / がん陽子線治療センター」を津山中央病院の敷地内に開設し、平成28年4月より治療を開始、同年7月より先進医療で治療を開始しています。津山中央病院は中四国地方では初の陽子線治療施設であり、集学的治療(抗がん剤、手術、放射線治療等を組み合わせた治療)を行うことができる病院です。がん以外の病気をお持ちの方は多いですし、がん治療中に脳や心臓に救急対応が必要な疾患を発症することもあります。これらがん以外の病気への救急対応も可能な総合病院としては福井以西の西日本で初の陽子線治療施設となります。津山中央病院での主な対象疾患は、前立腺がん、肝がん、早期肺がん、局所進行肺がん、胆管がん、膵がん、転移性腫瘍、食道がん、直腸がん術後局所再発で、他の疾患については個別に検討させていただきます。

先進医療の医療費は、全てが公的保険でカバーされておらず陽子線治療の技術料として288.3万円(津山中央病院の場合)の自己負担が必要で、その他の入院・薬剤・検査等は公的保険が適応される仕組みです。なお、平成28年4月に小児腫瘍が公的保険の適応となりました。

岡山大学には津山中央病院による寄付講座(陽子線治療学講座)を設置し、岡山大学病院で平成28年1月から「放射線治療・陽子線治療外来」にて外来診療を行っております。同外来では、陽子線治療の適応判断、主治医と協力して治療前の準備のサポートやセンターへの紹介を行ないます。センターでの治療後に大学病院で定期的な診察を行うこともあります。当院へのご紹介は地域医療連携室にご連絡いただければと存じます。なお、病名や病状によって、診察が自由診療になることがございます。

津山中央病院「陽子線治療外来」に予約いただいて受診されることも可能です。「岡山大学・津山中央病院共同運用 / がん陽子線治療センター」の詳細はhttp://top.tch.or.jp/index.htmlをご参照下さい。治療希望の患者様は、岡山大学病院、津山中央病院のどちらの受診でも、主治医の先生よりご紹介頂くようになります。まずは主治医の先生とご相談下さい。

主治医の先生方へ

治療に関してのご相談に関する専用のメールアドレスを設けております。下記まで御連絡下さい。ご紹介前に病変の画像検査とPET検査などをお願い致します。
連絡先: 岡山大学放射線科医局 topbeam●okayama-u.ac.jp(●を@に変更してください)

なお、患者様からの直接のメール相談は対応しておりませんので、ご了承下さい。

患者様へ

ご相談は、津山中央病院「陽子線治療外来」0868-21-8150にお願い致します。

ページの先頭へ